【活用ガイド】

JVNDB-2022-002265

トレンドマイクロ製企業向けエンドポイントセキュリティ製品におけるリンク解釈に関する脆弱性

概要

トレンドマイクロ株式会社から、企業向けエンドポイントセキュリティ製品向けのアップデートが公開されました。

この脆弱性情報は、製品利用者への周知を目的に、開発者が JPCERT/CC に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

影響を受けるシステム


トレンドマイクロ
  • Apex One 2019
  • Apex One SaaS
  • ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 10.0 SP1
  • ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス 6.7

想定される影響

当該製品がインストールされたシステムにログイン可能なユーザによって、管理者権限を取得される可能性があります。
詳細については、トレンドマイクロ株式会社が提供するアドバイザリを参照してください。
対策

[スパイウェアパターンをアップデートする]
トレンドマイクロ株式会社が提供する情報をもとにスパイウェアパターンを最新版にアップデートしてください。
本脆弱性は、スパイウェアパターン(SSAPIPTN.DA6)25.27 およびそれ以降で解消しているとのことです。
また、スパイウェアパターンはActiveUpdate経由で提供されているとのことです。
ベンダ情報

トレンドマイクロ
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2022-36336
参考情報

  1. JVN : JVNVU#96643038
  2. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2022-36336
更新履歴

  • [2022年08月18日]
      掲載