【活用ガイド】

JVNDB-2021-001557

Pulse Secure 製 Pulse Connect Secure にバッファオーバーフローの脆弱性

概要

Pulse Secure 社が提供する Pulse Connect Secure には、バッファオーバーフローの脆弱性が存在します。

Pulse Secure 社が提供する VPN 製品 Pulse Connect Secure には、Windows ファイル共有 (SMB) にアクセスする機能が実装されています。この機能は、Samba 4.5.10 のコードを使って実装されています。
Pulse Connect Secure の Windows File Access ポリシーが任意のサーバへのアクセスを許可する設定になっている場合に、Windows ファイル共有へのアクセスで長いサーバ名を与えると、バッファオーバーフローが発生する可能性があります。(CWE-119, CVE-2021-22908)
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

CVSS v3 による深刻度
基本値: 8.5 (重要) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 高
  • 攻撃に必要な特権レベル: 低
  • 利用者の関与: 不要
  • 影響の想定範囲: 変更あり
  • 機密性への影響(C): 高
  • 完全性への影響(I): 高
  • 可用性への影響(A): 高
影響を受けるシステム


パルスセキュア
  • Pulse Connect Secure 9.0R 系バージョン
  • Pulse Connect Secure 9.1R11.5 より前の 9.1R 系バージョン

想定される影響

当該製品に認証されたユーザが長いサーバ名を含む SMB 操作を実行することで、当該製品上で root 権限で任意のコードを実行される可能性があります。
対策

[アップデートする]
2021年5月26日時点で脆弱性を修正したバージョンはリリースされていません。

なお、開発者は脆弱性を修正した次のバージョンのリリースを予定しています。

 * Pulse Connect Secure 9.1R11.5

[ワークアラウンドを実施する]
以下のワークアラウンドを適用することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。

 * 開発者が提供する以下の XML をインポートする
   * Workaround-2105.xml

本ワークアラウンドを適用することにより、Windows ファイル共有ブラウザの機能が無効になるとのことです。

 * Windows ファイルアクセスポリシーにて、任意の SMB サーバ名への接続を拒否するように設定する

当該製品について、本脆弱性の影響の有無、およびワークアラウンドが設定されているかを確認するスクリプトが CERT/CC により公開されています。
ベンダ情報

パルスセキュア
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. バッファエラー(CWE-119) [IPA評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2021-22908
参考情報

  1. JVN : JVNVU#98263390
  2. US-CERT Vulnerability Note : VU#667933
  3. 関連文書 : cve-2021-22908
更新履歴

  • [2021年05月27日]
      掲載
  • [2021年05月28日]
       対策:内容を更新
       参考情報:関連文書 (cve-2021-22908) を追加