【活用ガイド】

[English]

JVNDB-2021-000023

UNIVERGE Aspire シリーズ PBX におけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

概要

NECプラットフォームズ株式会社が提供する UNIVERGE Aspire シリーズ PBX のリモート保守機能にはコマンド処理に問題があり、結果としてサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。

この脆弱性情報は、製品利用者への周知を目的に、開発者が IPA に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

CVSS v3 による深刻度
基本値: 3.1 (注意) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 高
  • 攻撃に必要な特権レベル: 低
  • 利用者の関与: 不要
  • 影響の想定範囲: 変更なし
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): なし
  • 可用性への影響(A): 低
CVSS v2 による深刻度
基本値: 3.5 (注意) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 中
  • 攻撃前の認証要否: 単一
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): なし
  • 可用性への影響(A): 部分的
影響を受けるシステム


NECプラットフォームズ株式会社
  • SL2100 1.00 から 3.00 までのバージョン
  • UNIVERGE Aspire UX 1.00 から 9.70 までのバージョン
  • UNIVERGE Aspire WX 1.00 から 3.51 までのバージョン
  • UNIVERGE SV9100 1.00 から 10.70 までのバージョン

想定される影響

遠隔のユーザによって細工されたコマンドを送信されると、システムダウンによる再起動が発生する可能性があります。
対策

[アップデートする]
開発者が提供する情報を元に、ソフトウェアのアップデートを行ってください。
開発者は、本脆弱性を修正したバージョンをリリースしています。
  • UNIVERGE Aspire WX 4.00 およびそれ以降
  • UNIVERGE Aspire UX 9.80 およびそれ以降
  • UNIVERGE SV9100 11.00 およびそれ以降
  • SL2100 3.10 およびそれ以降

[ワークアラウンドを実施する]
以下の回避策を適用することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。
  • リモート保守機能を無効にする
  • インターネット等の外部ネットワークへ機器を直接接続しない
なお、当該製品においてリモート保守機能は初期設定にて無効となっています。
ベンダ情報

NECプラットフォームズ株式会社
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. その他(CWE-Other) [IPA評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2021-20677
参考情報

  1. JVN : JVN#12737530
更新履歴

  • [2021年03月22日]
      掲載