【活用ガイド】

JVNDB-2020-009454

WAGO 製の 750-88x および 750-352 シリーズにリソース枯渇の脆弱性

概要

750-88x および 750-352 シリーズは WAGO が提供する PLC です。当該製品には、リソース枯渇 (CWE-400) に起因するサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

CVSS v3 による深刻度
基本値: 7.5 (重要) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃に必要な特権レベル: 不要
  • 利用者の関与: 不要
  • 影響の想定範囲: 変更なし
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): なし
  • 可用性への影響(A): 高
影響を受けるシステム

次の製品の FW11 より前のファームウェアバージョンが影響を受けます。

ワゴジャパン株式会社
  • 750-331/xxx-xxx ファームウェア
  • 750-352 ファームウェア
  • 750-829 ファームウェア
  • 750-831/xxx-xxx ファームウェア
  • 750-852 ファームウェア
  • 750-880/xxx-xxx ファームウェア
  • 750-881 ファームウェア
  • 750-882 ファームウェア
  • 750-885 ファームウェア
  • 750-889 ファームウェア

想定される影響

遠隔の第三者によって細工されたパケットを HTTP(S) 80/443 ポートで受信することで、サービス運用妨害 (DoS) 状態になる可能性があります。
対策

[アップデートする]
開発者が提供する情報をもとに、最新版にアップデートしてください。
本脆弱性を修正したファームウエア Version FW14 がリリースされています。
ベンダ情報

ワゴジャパン株式会社
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. リソースの枯渇(CWE-400) [IPA評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2020-12516
参考情報

  1. JVN : JVNVU#99899290
  2. ICS-CERT ADVISORY : ICSA-20-308-01
  3. 関連文書 : VDE-2020-042 (WAGO: PLC families 750-88x and 750-352 prone to DoS attack, versions < FW10 (Update A))
更新履歴

  • [2020年11月06日]
      掲載
  • [2020年12月17日]
      影響を受けるシステム:内容を更新
      参考情報:内容を更新