【活用ガイド】

[English]

JVNDB-2020-008762

ServerProtect for Linux に OS コマンドインジェクションの脆弱性

概要

トレンドマイクロ株式会社が提供する ServerProtect for Linux には OS コマンドインジェクションの脆弱性 (CWE-78) が存在します。

この脆弱性情報は、製品利用者への周知を目的に、開発者が JPCERT/CC に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

CVSS v3 による深刻度
基本値: 9.1 (緊急) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃に必要な特権レベル: 高
  • 利用者の関与: 不要
  • 影響の想定範囲: 変更あり
  • 機密性への影響(C): 高
  • 完全性への影響(I): 高
  • 可用性への影響(A): 高
影響を受けるシステム


トレンドマイクロ
  • Trend Micro ServerProtect for Linux 3.0

想定される影響

管理者権限を持つ遠隔の攻撃者によって、任意のコードを実行される可能性があります。
対策

[パッチを適用する]
開発者が提供している以下の修正パッチを適用してください。
* Critical Patch build 1633

[ワークアラウンドを実施する]
以下の回避策を適用することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。
* ServerProtect の管理コンソールへのアクセスを信頼できるユーザや接続元のみに制限する
ベンダ情報

トレンドマイクロ
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2020-24561
参考情報

  1. JVN : JVNVU#91216654
更新履歴

  • [2020年09月24日]
      掲載