【活用ガイド】

JVNDB-2020-006737

Apache Tomcat における複数のサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

概要

The Apache Software Foundation から、Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデートが公開されました。

* h2c direct connection における HTTP/2 へのアップグレード処理において、HTTP/1.1 を扱うオブジェクトを破棄しないためヒープを過剰に消費する - CVE-2020-13934
* WebSocket フレームのペイロード長が適切に検証されない - CVE-2020-13935
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

影響を受けるシステム


Apache Software Foundation
  • Apache Tomcat 10.0.0-M1 to 10.0.0-M6 まで
  • Apache Tomcat 9.0.0.M1 から 9.0.36 まで
  • Apache Tomcat 8.5.0 から 8.5.56 まで
  • Apache Tomcat 7.0.27 から 7.0.104 まで
日立
  • Hitachi Ops Center Common Services (海外販売のみ)

本脆弱性の影響を受ける製品の詳細については、ベンダ情報および参考情報をご確認ください。
想定される影響

想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受けるおそれがあります。

* 遠隔の第三者から、h2c direct connection による HTTP/2 へのアップグレードの要求が大量に行われると、OutOfMemoryException が発生し、サービス運用妨害 (DoS) 状態になる - CVE-2020-13934
* 遠隔の第三者から無効なペイロード長の通信が行われると、無限ループが発生しサービス運用妨害 (DoS) 状態になる - CVE-2020-13935
対策

[アップデートする]
開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。
開発者は、本脆弱性の対策版として次のバージョンをリリースしています。

* Apache Tomcat 10.0.0-M7
* Apache Tomcat 9.0.37
* Apache Tomcat 8.5.57
* Apache Tomcat 7.0.105
ベンダ情報

Apache Software Foundation 日本電気 日立
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2020-13934
  2. CVE-2020-13935
参考情報

  1. JVN : JVNVU#96390265
更新履歴

  • [2020年07月16日]
      掲載
  • [2020年10月28日]
      影響を受けるシステム:内容を更新
      ベンダ情報:Hitachi Software Vulnerability Information (hitachi-sec-2020-130) を追加
      ベンダ情報:ソフトウェア製品セキュリティ情報 (hitachi-sec-2020-130) を追加
  • [2021年08月10日]
      ベンダ情報:日本電気 (Apache Tomcat における複数のサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性) を追加