【活用ガイド】

JVNDB-2020-004602

Apache Tomcat に安全でないデシリアライゼーションの問題

概要

The Apache Software Foundation から、Apache Tomcat の脆弱性に対するアップデートが公開されました。

* 信頼できないデータのデシリアライズ (CWE-502) - CVE-2020-9484
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

影響を受けるシステム


Apache Software Foundation
  • Apache Tomcat 10.0.0-M1 から 10.0.0-M4 まで
  • Apache Tomcat 9.0.0.M1 から 9.0.34 まで
  • Apache Tomcat 8.5.0 から 8.5.54 まで
  • Apache Tomcat 7.0.0 から 7.0.103 まで まで

想定される影響

デシリアライズ対象データの検証が適切に行われていないことに起因して、遠隔の第三者により任意のバイトコードを実行される可能性があります。
対策

[アップデートする]
開発者が提供する情報をもとに、使用しているバージョンの最新版にアップデートしてください。
開発者は、本脆弱性を修正した以下のバージョンをリリースしています。

* Apache Tomcat 10.0.0-M5
* Apache Tomcat 9.0.35
* Apache Tomcat 8.5.55
* Apache Tomcat 7.0.104

[ワークアラウンドを実施する]
以下の回避策を適用することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。

* PersistenceManager において sessionAttributeValueClassNameFilter の値を適切に設定し、アプリケーションが提供する attribute だけがシリアライズおよびデシリアライズされるようにする
ベンダ情報

Apache Software Foundation
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2020-9484
参考情報

  1. JVN : JVNVU#98086086
更新履歴

  • [2020年05月22日]
      掲載