【活用ガイド】

JVNDB-2019-007618

Bluetooth BR/EDR での暗号鍵エントロピーのネゴシエーションにおける問題

概要

Bluetooth BR/EDR 接続での暗号化で用いられる暗号鍵のエントロピーのネゴシエーションには、仕様上、中間者による攻撃に脆弱な問題があります。
第三者が、Bluetooth BR/EDR で接続するデバイスに対し、通信で用いられる暗号鍵のエントロピーを 1バイトに強制する (Key Negotiation Of Bluetooth (KNOB) attack) ことで、以降の通信を総当たり攻撃 (Brute force attack) により復号して内容を傍受できる可能性があります。

Bluetooth は、Bluetooth Basic Rate / Enhanced Data Rate (Bluetooth BR/EDR) コア構成を含む6種の異なるコア仕様に基づいた近距離の無線技術で、低出力の近距離通信に使用されます。
Bluetooth の暗号化通信を確立するには、2つの Bluetooth デバイスがペアリングし、リンク層での暗号化に用いる暗号鍵の生成に使用するリンクキーを確立する必要があります。暗号鍵のエントロピーは、1バイトから 16バイトの長さで Bluetooth コントローラ間で設定されます。
攻撃者がコントローラ間の暗号鍵エントロピー設定要求に割り込み、各コントローラが低いエントロピー設定を受け入れた場合に、低いエントロピーによる暗号化通信が強制され、結果として総当たり攻撃 (Brute force attack) により、デバイス間の通信を容易に復号される可能性があります。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

影響を受けるシステム


Bluetooth SIG, Inc.
  • Bluetooth BR/EDR Core v5.1 およびそれ以前

想定される影響

中間者攻撃 (man-in-the-middle attack) による暗号通信の盗聴などが行なわれる可能性があります。
対策

[Bluetooth SIG のガイダンスを参照する]
Bluetooth ホストおよびコントローラのサプライヤは、製品の更新に関するガイダンスとして、Bluetooth SIG の "Expedited Errata Correction 11838" を参照してください。

[提供元のサプライヤに確認する]
Bluetooth ホストおよびコントローラを使用している各ベンダは、提供するサプライヤへ問い合わせしてください。
ベンダ情報

Bluetooth SIG, Inc.
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2019-9506
参考情報

  1. JVN : JVNVU#90240762
  2. US-CERT Vulnerability Note : VU#918987
  3. 関連文書 : The KNOB is Broken: Exploiting Low Entropy in the Encryption Key Negotiation Of Bluetooth BR/EDR
更新履歴

  • [2019年08月16日]
      掲載