【活用ガイド】

[English]

JVNDB-2019-000013

Windows 7 における DLL 読み込みに関する脆弱性

概要

Windows 7 が提供する標準の DLL ファイルのなかには、プログラムの実行時に必要とする他の DLL ファイルを、呼び出し元プログラムと同一のディレクトリから読み込むように作られているものが存在します(CWE-427)。
開発者によると、本件は「アプリケーション ディレクトリにおける DLL の植え付け」の問題であり、Windows 7 におけるセキュリティ更新プログラムによる対応は行わないとのことです。
開発者による「アプリケーション ディレクトリにおける DLL の植え付け」への対応については、開発者が提供する情報をご確認ください。

この脆弱性情報は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき下記の方が IPA に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。
報告者: 三井物産セキュアディレクション株式会社 吉川 孝志 氏

CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

CVSS v3 による深刻度
基本値: 7.8 (重要) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ローカル
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃に必要な特権レベル: 不要
  • 利用者の関与: 要
  • 影響の想定範囲: 変更なし
  • 機密性への影響(C): 高
  • 完全性への影響(I): 高
  • 可用性への影響(A): 高
CVSS v2 による深刻度
基本値: 6.8 (警告) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 中
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): 部分的
  • 完全性への影響(I): 部分的
  • 可用性への影響(A): 部分的
影響を受けるシステム


マイクロソフト
  • Microsoft Windows 7

想定される影響

細工された DLL ファイルが実行ファイルと同一のディレクトリに置かれていた場合、任意のコードを実行される可能性があります。
対策

[Windows 10 にアップグレードする]
開発者が提供する情報をもとに、Windows 7 を 最新の Windows 10 へアップグレードしてください。

[ワークアラウンドを実施する]
次のワークアラウンドを実施することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。
・システムディレクトリへの書き込みは管理者にのみ許可する (Windows の初期設定)
・Windows PC は管理者権限を持たない標準ユーザアカウントで操作することを原則とし、必要なときのみ管理者アカウントで操作する
・アプリケーションをインストールしたディレクトリに信用できないファイルが存在しないことを確認する
・社内でアプリケーションを共有ディレクトリに置き、各 Windows PC から実行させるような運用を行っている場合は、当該ディレクトリを読み取り専用にする
ベンダ情報

マイクロソフト
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. その他(CWE-Other) [IPA評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2019-5921
参考情報

  1. JVN : JVNTA#91240916
  2. JVN : JVN#69181574
更新履歴

  • [2019年02月28日]
       掲載