【活用ガイド】

JVNDB-2018-010809

横河電機製 Vnet/IP オープン通信ドライバにサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

概要

横河電機株式会社が提供する Vnet/IPオープン通信ドライバには、ドライバの受信処理に起因するサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性 (CWE-399) が存在します。

この脆弱性情報は、製品利用者への周知を目的に開発者が JPCERT/CC に報告し、JPCERT/CC が開発者および米国 ICS-CERT との調整を行いました。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

CVSS v3 による深刻度
基本値: 7.5 (重要) [JPCERT/CC値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃に必要な特権レベル: 不要
  • 利用者の関与: 不要
  • 影響の想定範囲: 変更なし
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): なし
  • 可用性への影響(A): 高
CVSS v2 による深刻度
基本値: 7.8 (危険) [JPCERT/CC値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): なし
  • 可用性への影響(A): 全面的
影響を受けるシステム


横河電機株式会社
  • FAST/TOOLS (R9.02.00 から R10.02.00 まで)
  • B/M9000 VP (R6.03.01 から R8.01.90 まで)
  • CENTUM CS 3000 (R3.05.00 から R3.09.50 まで)
  • CENTUM CS 3000 Small (R3.05.00 から R3.09.50 まで)
  • CENTUM VP (R4.01.00 から R6.03.10 まで)
  • CENTUM VP Small (R4.01.00 から R6.03.10 まで)
  • CENTUM VP Basic (R4.01.00 から R6.03.10 まで)
  • Exaopc (R3.10.00 から R3.75.00 まで)
  • PRM (R2.06.00 から R3.31.00 まで)
  • ProSafe-RS (R1.02.00 から R4.02.00 まで)

詳しくは、開発者が提供する情報をご確認ください。
想定される影響

遠隔の第三者から送られた大量のパケット処理する際にサービス運用妨害 (DoS) 状態となり、Vnet/IPオープン通信ドライバの通信機能が停止する可能性があります。
対策

[アップデートする]
次の製品を使用している場合は、最新版にアップデートしてください。

* CENTUM CS 3000 (R3.05.00 から R3.09.50 まで)
* CENTUM CS 3000 Small (R3.05.00 から R3.09.50 まで)
* CENTUM VP (R4シリーズの全リビジョン)
* CENTUM VP Small (R4シリーズの全リビジョン)
* CENTUM VP Basic (R4シリーズの全リビジョン)
* Exaopc (R3.10.00 から R3.60.00 まで)
* PRM (R2.06.00 から R3.04.00 まで)
* ProSafe-RS (R1, R2シリーズの全リビジョン)
* FAST/TOOLS (R9.02.00 から R9.03.00 まで)
* B/M9000VP (R6.03.01 から R8.01.90 まで)

[パッチを適用する]
次の製品を使用している場合は、それぞれの製品に対応したパッチを適用してください。

* CENTUM VP (R5シリーズの全リビジョンおよび R6.03.10以前のR6シリーズ)
* CENTUM VP Small (R5シリーズの全リビジョンおよび R6.03.10以前のR6シリーズ)
* CENTUM VP Basic (R5シリーズの全リビジョンおよび R6.03.10以前のR6シリーズ)
* Exaopc (R3.70.00 から R3.75.00 まで)
* PRM (R3.05.00 から R3.31.00 まで)
* ProSafe-RS (R3シリーズの全リビジョンおよび R4.02.00以前のR4シリーズ)
* FAST/TOOLS (R9.04.00 から R9.05.00 までおよび R10.02.00以前のR10シリーズ)

詳しくは、開発者が提供する情報をご確認ください。
ベンダ情報

横河電機株式会社
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. リソース管理の問題(CWE-399) [JPCERT/CC評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2018-16196
参考情報

  1. JVN : JVNVU#93652047
更新履歴

  • [2018年12月25日]
      掲載