【活用ガイド】

JVNDB-2018-003396

BIND に複数のサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

概要

BIND には、次のサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。

* 少なくとも一つ以上の zone 情報を提供する、 NOTIFY メッセージの送信元を制限していない Slave サーバにおける、データベースのカウント処理に関する assertion failure - CVE-2018-5736
* serve-stale 機能の実装における assertion failure および serve-stale 機能と NSEC aggressive negative caching との相互作用における意図しない動作 - CVE-2018-5737
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

CVSS v3 による深刻度
基本値: 5.9 (警告) [JPCERT/CC値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 高
  • 攻撃に必要な特権レベル: 不要
  • 利用者の関与: 不要
  • 影響の想定範囲: 変更なし
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): なし
  • 可用性への影響(A): 高
※上記は、CVE-2018-5737の評価になります。


CVSS v3 による深刻度
基本値: 5.3 (警告) [JPCERT/CC値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 高
  • 攻撃に必要な特権レベル: 低
  • 利用者の関与: 不要
  • 影響の想定範囲: 変更なし
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): なし
  • 可用性への影響(A): 高
※上記は、CVE-2018-5736の評価になります。
影響を受けるシステム


ISC, Inc.
  • BIND 9.12.0
  • BIND 9.12.1

想定される影響

遠隔の攻撃者によって、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃が行われる可能性があります。
対策

[アップデートする]
開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。
開発者は、本脆弱性を修正した次のバージョンをリリースしています。
 * BIND 9.12.1-P2

[ワークアラウンドを実施する]
次のワークアラウンドを実施することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。
 * 信頼できるソースからのみ NOTIFY メッセージを受信する - CVE-2018-5736
 * named.conf にて "max-stale-ttl" を 0 (ゼロ) に設定する (serve-stale 機能も無効となります) - CVE-2018-5737
ベンダ情報

ISC, Inc.
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2018-5736
  2. CVE-2018-5737
参考情報

  1. JVN : JVNVU#91301831
  2. 関連文書 : BIND 9.12.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2018-5736)
  3. 関連文書 : BIND 9.12.xの脆弱性(サービス性能の劣化及びDNSサービスの停止)について(CVE-2018-5737)
更新履歴

  • [2018年05月23日]
      掲載