【活用ガイド】

[English]

JVNDB-2018-000123

パナソニック製アプリケーションが登録する一部の Windows サービスにおいて実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

概要

パナソニック株式会社が提供するアプリケーションが登録する一部の Windows サービスでは、登録される実行ファイルのパスが引用符で囲まれていません (CWE-428)。

この脆弱性情報は、製品利用者への周知を目的に、開発者が JPCERT/CC に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

CVSS v3 による深刻度
基本値: 8.4 (重要) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ローカル
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃に必要な特権レベル: 不要
  • 利用者の関与: 不要
  • 影響の想定範囲: 変更なし
  • 機密性への影響(C): 高
  • 完全性への影響(I): 高
  • 可用性への影響(A): 高
CVSS v2 による深刻度
基本値: 4.6 (警告) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ローカル
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): 部分的
  • 完全性への影響(I): 部分的
  • 可用性への影響(A): 部分的
影響を受けるシステム


パナソニック株式会社
  • 複数のパソコン

2009年10月以降に発売されたパナソニック製のパソコンで、工場出荷時に次の OS がプリインストールされている機種が該当します。
・Windows 7 (32bit)
・Windows 7 (64bit)
・Windows 8 (64bit)
・Windows 8.1 (64bit)
・Windows 10 (64bit)
想定される影響

空白文字を含むパスの最初の部分から構成される名前を持つアプリケーションを介して、当該サービスの動作に使われる権限を取得される可能性があります。
対策

[アップデートする]
開発者が提供する情報をもとに、「サービスパス脆弱性対応ユーティリティ」を適用してください。
ベンダ情報

パナソニック株式会社
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. 認可・権限・アクセス制御(CWE-264) [IPA評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2018-16183
参考情報

  1. JVN : JVN#36895151
更新履歴

  • [2018年11月29日]
      掲載