【活用ガイド】

JVNDB-2016-003802

Apache HTTP Server における任意のプロキシサーバにアプリケーションのアウトバウンド HTTP トラフィックをリダイレクトされる脆弱性

概要

Apache HTTP Server は、RFC 3875 セクション 4.1.18 に準拠する結果、HTTP_PROXY 環境変数の信頼できないクライアントデータの存在からアプリケーションを保護しないため、任意のプロキシサーバにアプリケーションのアウトバウンド HTTP トラフィックをリダイレクトされる脆弱性が存在します。

本脆弱性は、"httpoxy" の問題と呼ばれています。

なお、National Vulnerability Database (NVD) では、CWE-284、JVNVU#91485132 では、CWE-807 および CWE-454 として公開されています。

CWE-284: Improper Access Control
http://cwe.mitre.org/data/definitions/284.html

CWE-807: Reliance on Untrusted Inputs in a Security Decision
http://cwe.mitre.org/data/definitions/807.html

CWE-454: External Initialization of Trusted Variables or Data Stores
http://cwe.mitre.org/data/definitions/454.html
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

CVSS v3 による深刻度
基本値: 8.1 (重要) [NVD値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 高
  • 攻撃に必要な特権レベル: 不要
  • 利用者の関与: 不要
  • 影響の想定範囲: 変更なし
  • 機密性への影響(C): 高
  • 完全性への影響(I): 高
  • 可用性への影響(A): 高
CVSS v2 による深刻度
基本値: 5.1 (警告) [NVD値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 高
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): 部分的
  • 完全性への影響(I): 部分的
  • 可用性への影響(A): 部分的
影響を受けるシステム


Apache Software Foundation
  • Apache HTTP Server 2.4.23 まで
Fedora Project
  • Fedora 23
  • Fedora 24
日本電気
  • MailShooter 全バージョン
  • SimpWright V6
  • SimpWright V7
  • WebOTX Enterprise Edition V4.1 から V6.5
  • WebOTX Standard Edition V4.1 から V6.5
  • WebOTX Standard-J Edition V4.1 から V6.5
  • WebOTX Web Edition V4.1 から V6.5
  • WebOTX 開発環境 V6.1 から V6.5
  • WebOTX Application Server Enterprise V8.2 から V9.4
  • WebOTX Application Server Express V8.2 から V9.4
  • WebOTX Application Server Foundation V8.2 から V8.5
  • WebOTX Application Server Standard V8.2 から V9.4
  • WebOTX Application Server Standard-J Edition V7.1 から V8.1
  • WebOTX Application Server Web Edition V7.1 から V8.1
  • WebOTX Developer (with Developer's Studio) V8.2 から V9.4
  • WebOTX Developer V7.1 から V8.1
  • WebOTX Enterprise Service Bus V6.4 から V9.3
  • WebOTX Portal V8.2 から V9.3
  • WebOTX SIP Application Server Standard Edition V7.1 から V8.1
  • SpoolServerシリーズ ReportFiling Ver5.2 から 6.2
日立
  • Cosminexus Application Server Enterprise Version 6
  • Cosminexus Application Server Standard Version 6
  • Cosminexus Application Server Version 5
  • Cosminexus Developer Light Version 6
  • Cosminexus Developer Professional Version 6
  • Cosminexus Developer Standard Version 6
  • Cosminexus Developer Version 5
  • Cosminexus HTTP Server
  • Cosminexus Primary Server Base Version 6
  • Cosminexus Primary Server Version 6
  • Hitachi Application Server
  • Hitachi Application Server for Developers
  • Hitachi Web Server
  • Hitachi Web Server - Custom Edition
  • Hitachi Web Server - Security Enhancement
  • uCosminexus Application Server
  • uCosminexus Application Server (64)
  • uCosminexus Application Server -R
  • uCosminexus Application Server Express
  • uCosminexus Application Server Enterprise
  • uCosminexus Application Server Smart Edition
  • uCosminexus Application Server Standard
  • uCosminexus Application Server Standard -R
  • uCosminexus Developer
  • uCosminexus Developer 01
  • uCosminexus Developer Professional
  • uCosminexus Developer Professional for Plug-in
  • uCosminexus Developer Light
  • uCosminexus Developer Standard
  • uCosminexus Primary Server Base
  • uCosminexus Primary Server Base(64)
  • uCosminexus Service Architect
  • uCosminexus Service Platform
  • uCosminexus Service Platform (64)
  • uCosminexus Service Platform - Messaging
富士通
  • Interstage Application Framework Suite
  • Interstage Application Server
  • Interstage Apworks
  • Interstage Business Application Server
  • Interstage Job Workload Server
  • Interstage Studio
  • Interstage Web Server
  • Interstage Web Server Express
  • Systemwalker Resource Coordinator

本脆弱性の影響を受ける製品の詳細については、ベンダ情報をご確認ください。
想定される影響

第三者により、HTTP リクエストの巧妙に細工された Proxy ヘッダを介して、任意のプロキシサーバにアプリケーションのアウトバウンド HTTP トラフィックをリダイレクトされる可能性があります。
対策

ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
ベンダ情報

Apache Software Foundation Fedora Project ターボリナックス ミラクル・リナックス 日本電気
  • NEC製品セキュリティ情報 : NV16-020
  • NEC製品セキュリティ情報 : NV17-004
日立
  • Hitachi Software Vulnerability Information : HS16-020
  • ソフトウェア製品セキュリティ情報 : HS16-020
富士通
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. その他(CWE-Other) [NVD評価]
  2. その他(CWE-Other) [IPA評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2016-5387
参考情報

  1. JVN : JVNVU#91485132
  2. JVN : JVNVU#99304449
  3. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2016-5387
  4. US-CERT Vulnerability Note : VU#797896
  5. 関連文書 : httpoxy
更新履歴

  • [2016年07月25日]
      掲載
    [2016年08月22日]
      影響を受けるシステム:ベンダ情報の追加に伴い内容を更新
      ベンダ情報:日立 (HS16-020) を追加
      ベンダ情報:Fedora Project (FEDORA-2016-9fd9bfab9e) を追加
      ベンダ情報:Fedora Project (FEDORA-2016-df0726ae26) を追加
    [2016年09月07日]
      影響を受けるシステム:ベンダ情報の追加に伴い内容を更新
      ベンダ情報:富士通 (Interstage HTTP Server/ Interstage HTTP Server 2.2: CGI利用時にProxyヘッダの値を環境変数HTTP_PROXYに設定する脆弱性(CVE-2016-5387)) を追加
    [2016年11月09日]
      影響を受けるシステム:ベンダ情報の追加に伴い内容を更新
      ベンダ情報:日本電気 (NV16-020) を追加
    [2017年02月20日]
      影響を受けるシステム:ベンダ情報の追加に伴い内容を更新
      ベンダ情報:日本電気 (NV17-004) を追加
      参考情報:JVN (JVNVU#99304449) を追加