【活用ガイド】

[English]

JVNDB-2016-005802

Microsoft IME における任意の DLL 読み込みに関する脆弱性

概要

Microsoft Windows に同梱された Microsoft IME には、DLL ファイルの処理に問題があり、Windows Defender などのアプリケーション起動時に Microsoft IME が有効化されるタイミングで、特定のレジストリキーに登録された DLL ファイルが実行される脆弱性が存在します。このレジストリキーは初期設定では存在せず、また、一般ユーザの権限で作成可能です。

この脆弱性情報は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき下記の方が IPA に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。
報告者: 三井物産セキュアディレクション株式会社 吉川 孝志 氏

CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

基本値: 5.1 (警告) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 高
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): 部分的
  • 完全性への影響(I): 部分的
  • 可用性への影響(A): 部分的

[参考] CVSS v3 による深刻度
基本値: 7.8 (重要) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ローカル
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃に必要な特権レベル: 不要
  • 利用者の関与: 要
  • 影響の想定範囲: 変更なし
  • 機密性への影響(C): 高
  • 完全性への影響(I): 高
  • 可用性への影響(A): 高
影響を受けるシステム


マイクロソフト
  • Microsoft IME
  • Microsoft Windows 10 for 32-bit Systems
  • Microsoft Windows 10 for x64-based Systems
  • Microsoft Windows 10 Version 1511 for 32-bit Systems
  • Microsoft Windows 10 Version 1511 for x64-based Systems
  • Microsoft Windows 10 Version 1607 for 32-bit Systems
  • Microsoft Windows 10 Version 1607 for x64-based Systems
  • Microsoft Windows 7 for 32-bit Systems SP1
  • Microsoft Windows 7 for x64-based Systems SP1
  • Microsoft Windows 8.1 for 32-bit Systems
  • Microsoft Windows 8.1 for x64-based Systems
  • Microsoft Windows RT 8.1
  • Microsoft Windows Server 2008 for 32-bit Systems SP2
  • Microsoft Windows Server 2008 for 32-bit Systems SP2 (Server Core インストール)
  • Microsoft Windows Server 2008 for Itanium-based Systems SP2
  • Microsoft Windows Server 2008 for x64-based Systems SP2
  • Microsoft Windows Server 2008 for x64-based Systems SP2 (Server Core インストール)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems SP1
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems SP1
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems SP1 (Server Core インストール)
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2012 (Server Core インストール)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 (Server Core インストール)
  • Microsoft Windows Server 2016 for x64-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2016 for x64-based Systems (Server Core インストール)
  • Microsoft Windows Vista SP2
  • Microsoft Windows Vista x64 Edition SP2

想定される影響

ユーザ自らが、細工された DLL ファイルを攻撃者の意図する場所に配置し、さらにその場所を特定のレジストリキーに登録した場合、Microsoft IME を有効化するアプリケーションを起動した際に任意のコードを実行される可能性があります。
対策

[アップデートする]
開発者が提供する情報をもとに、アップデートを適用してください。
本脆弱性は、2016年11月8日にリリースされた MS16-130 で修正されています。
ベンダ情報

マイクロソフト
  • Microsoft Security Bulletin : MS16-130
  • マイクロソフト セキュリティ情報 : MS16-130
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. その他(CWE-Other) [IPA評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2016-7221
参考情報

  1. JVN : JVN#21627267
  2. JVN : JVNTA#91240916
  3. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2016-7221
  4. IPA 重要なセキュリティ情報 : Microsoft 製品の脆弱性対策について(2016年11月)
  5. JPCERT 注意喚起 : JPCERT-AT-2016-0046
更新履歴

[2016年11月11日]
  掲載
[2017年07月07日]
  タイトル:内容を更新
  概要:内容を更新
  CVSS による深刻度:内容を更新
  影響を受けるシステム:内容を更新
  想定される影響:内容を更新
  対策:内容を更新
  CWE による脆弱性タイプ一覧:内容を更新
  参考情報:JVN (JVN#21627267) を追加
  参考情報:JVN (JVNTA#91240916) を追加