【活用ガイド】

JVNDB-2016-001840

Debian jessie の glibc パッケージおよび Ubuntu の elibc ならびに glibcc パッケージの pt_chown におけるキーストロークをキャプチャされる脆弱性

概要

Debian jessie の glibc パッケージ、および Ubuntu の elibc ならびに glibcc パッケージの pt_chown は、ファイル記述子の引渡しに関連付けられた名前空間の確認が欠落しているため、キーストロークをキャプチャされ、データを偽装される、および権限を取得される脆弱性が存在します。

なお、アップストリームのドキュメンテーションに --enable-pt_chown オプションに対する明確なセキュリティ勧告が存在するため、アップストリームの GNU C Library における脆弱性とはみなされていません。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

基本値: 7.2 (危険) [NVD値]
  • 攻撃元区分: ローカル
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): 全面的
  • 完全性への影響(I): 全面的
  • 可用性への影響(A): 全面的

影響を受けるシステム


Debian
  • Debian GNU/Linux 8.0
GNU Project
  • GNU C Library (glibc) 2.19-18+deb8u4 未満
Ubuntu
  • Ubuntu 12.04 LTS
  • Ubuntu 14.04 LTS
  • Ubuntu 15.10

想定される影響

ローカルユーザにより、pts の読み書き操作を介して、キーストロークをキャプチャされ、データを偽装される、および権限を取得される可能性があります。
対策

ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
ベンダ情報

Debian GNU Project Ubuntu
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. 認可・権限・アクセス制御(CWE-264) [NVD評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2016-2856
参考情報

  1. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2016-2856
  2. 関連文書 : PtChownArbitraryPtsAccessViaUserNamespace
  3. 関連文書 : Re: Access to /dev/pts devices via pt_chown and user namespaces
更新履歴

[2016年03月24日]
  掲載
[2016年06月06日]
  概要:内容を更新
  影響を受けるシステム:ベンダ情報の追加に伴い内容を更新
  ベンダ情報:Ubuntu (USN-2985-1) を追加
  ベンダ情報:Ubuntu (USN-2985-2) を追加
  ベンダ情報:Ubuntu (CVE-2016-2856) を追加