【活用ガイド】

JVNDB-2016-001690

Cisco Advanced Malware Protection のプロキシエンジンにおけるコンテンツの制限を回避される脆弱性

概要

Cisco Advanced Malware Protection (AMP) のプロキシエンジンには、E メール セキュリティ アプライアンスと併用されている場合、コンテンツの制限を回避される脆弱性が存在します。

ベンダは、本脆弱性を Bug ID CSCux45338 として公開しています。

補足情報 : CWE による脆弱性タイプは、CWE-284: Improper Access Control (不適切なアクセス制御) と識別されています。
http://cwe.mitre.org/data/definitions/284.html
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

基本値: 5.0 (警告) [NVD値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): 部分的
  • 可用性への影響(A): なし

影響を受けるシステム


シスコシステムズ
  • Cisco E メール セキュリティ アプライアンス 9.5.0-201
  • Cisco E メール セキュリティ アプライアンス 9.6.0-051
  • Cisco E メール セキュリティ アプライアンス 9.7.0-125

上記の製品上で稼動する Cisco Advanced Malware Protection (AMP) が、本脆弱性の影響を受けます。
想定される影響

第三者により、エンコードされたファイルを含む不正な形式の電子メールメッセージを介して、コンテンツの制限を回避される可能性があります。
対策

ベンダ情報および参考情報を参照して適切な対策を実施してください。
ベンダ情報

シスコシステムズ
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. その他(CWE-Other) [NVD評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2016-1315
参考情報

  1. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2016-1315
更新履歴

[2016年03月14日]
  掲載