【活用ガイド】

JVNDB-2015-006962

Adobe Flash Player および Adobe AIR における任意のコードを実行される脆弱性

概要

Adobe Flash Player および Adobe AIR には、解放済みメモリの使用 (Use-after-free) により、任意のコードを実行される脆弱性が存在します。

本脆弱性は、CVE-2015-8048、CVE-2015-8049、CVE-2015-8050、CVE-2015-8055、CVE-2015-8056、CVE-2015-8057、CVE-2015-8058、CVE-2015-8059、CVE-2015-8061、CVE-2015-8062、CVE-2015-8063、CVE-2015-8064、CVE-2015-8065、CVE-2015-8066、CVE-2015-8067、CVE-2015-8068、CVE-2015-8069、CVE-2015-8070、CVE-2015-8071、CVE-2015-8401、CVE-2015-8402、CVE-2015-8403、CVE-2015-8404、CVE-2015-8405、CVE-2015-8406、CVE-2015-8410、CVE-2015-8411、CVE-2015-8412、CVE-2015-8413、CVE-2015-8414、CVE-2015-8420、CVE-2015-8421、CVE-2015-8422、CVE-2015-8423、CVE-2015-8424、CVE-2015-8425、CVE-2015-8426、CVE-2015-8427、CVE-2015-8428、CVE-2015-8429、CVE-2015-8430 、CVE-2015-8431、CVE-2015-8432、CVE-2015-8433、CVE-2015-8434、CVE-2015-8435、CVE-2015-8436、CVE-2015-8437、CVE-2015-8441、CVE-2015-8442、CVE-2015-8447、CVE-2015-8448、CVE-2015-8449、CVE-2015-8450、CVE-2015-8452、CVE-2015-8454、CVE-2015-8655、CVE-2015-8821、および CVE-2015-8822 とは異なる脆弱性です。

補足情報 : CWE による脆弱性タイプは、CWE-416: Use-after-free (解放済みメモリの使用) と識別されています。
http://cwe.mitre.org/data/definitions/416.html
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

基本値: 9.3 (危険) [NVD値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 中
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): 全面的
  • 完全性への影響(I): 全面的
  • 可用性への影響(A): 全面的

影響を受けるシステム


Google
  • Google Chrome 47.0.2526.80 未満 (Windows/Macintosh/Linux/Chrome OS)
アドビシステムズ
  • Adobe AIR デスクトップランタイム 20.0.0.204 未満 (Windows/Macintosh)
  • Adobe AIR 20.0.0.204 未満 (Android)
  • Adobe AIR SDK 20.0.0.204 未満 (Windows/Macintosh/Android/iOS)
  • Adobe AIR SDK & Compiler 20.0.0.204 未満 (Windows/Macintosh/Android/iOS)
  • Adobe Flash Player デスクトップランタイム (Internet Explorer向けのサポート) 20.0.0.228 未満 (Windows/Macintosh)
  • Adobe Flash Player デスクトップランタイム (Firefox および Safari向けのサポート) 20.0.0.235 未満 (Windows/Macintosh)
  • Adobe Flash Player 継続サポートリリース 18.0.0.268 未満 (Windows/Macintosh)
  • Adobe Flash Player 20.0.0.228 未満 (Windows/Macintosh/Linux/ChromeOS 版の Chrome)
  • Adobe Flash Player 20.0.0.228 未満 (Windows 10 版の Microsoft Edge/Internet Explorer 11)
  • Adobe Flash Player 20.0.0.228 未満 (Windows 8.0 および 8.1 版の Internet Explorer 10/11)
  • Adobe Flash Player 11.2.202.554 未満 (Linux)
マイクロソフト
  • Microsoft Edge (Windows 10)
  • Microsoft Internet Explorer 10 (Windows 8/Windows Server 2012/Windows RT)
  • Microsoft Internet Explorer 11 (Windows 8.1/Windows Server 2012 R2/Windows RT 8.1/Windows 10)

想定される影響

攻撃者により、巧妙に細工された MPEG-4 データを介して、任意のコードを実行される可能性があります。
対策

ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
ベンダ情報

Google アドビシステムズ マイクロソフト 富士通
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. その他(CWE-Other) [NVD評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2015-8653
参考情報

  1. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2015-8653
  2. IPA 重要なセキュリティ情報 : Adobe Flash Player の脆弱性対策について(APSB15-32)(CVE-2015-8438等)
  3. JPCERT 注意喚起 : JPCERT-AT-2015-0042
  4. 警察庁 @police : アドビシステムズ社の Adobe Flash Player のセキュリティ修正プログラムについて(2015年12月09日)
更新履歴

[2016年03月08日]
  掲載