【活用ガイド】

JVNDB-2014-008084

OpenSSL の ssl/d1_lib.c の dtls1_clear_queues 関数におけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

概要

OpenSSL の ssl/d1_lib.c の dtls1_clear_queues 関数は、ChangeCipherSpec メッセージと Finished メッセージとの間で到着可能なアプリケーションのデータを考慮することなしに、データ構造を解放するため、サービス運用妨害 (メモリ破損およびアプリケーションクラッシュ) 状態にされるなど、不特定の影響を受ける脆弱性が存在します。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

基本値: 7.5 (危険) [NVD値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): 部分的
  • 完全性への影響(I): 部分的
  • 可用性への影響(A): 部分的

影響を受けるシステム


OpenSSL Project
  • OpenSSL 1.0.0m 未満の 1.0.0
  • OpenSSL 1.0.1h 未満の 1.0.1
  • OpenSSL 0.9.8za 未満
日本電気
  • CapsSuite V3.0 から V4.0 のマネージャコンポーネント
  • SecureWare/PKIアプリケーション開発キット Ver3.0
  • SecureWare/PKIアプリケーション開発キット Ver3.01
  • SecureWare/PKIアプリケーション開発キット Ver3.02
  • SecureWare/PKIアプリケーション開発キット Ver3.1
  • WebOTX Enterprise Edition V4.2 から V6.5
  • WebOTX Standard Edition V4.2 から V6.5
  • WebOTX Standard-J Edition V4.1 から V6.5
  • WebOTX UDDI Registry V1.1 から V7.1
  • WebOTX Web Edition V4.1 から V6.5
  • WebOTX Application Server Enterprise Edition V7.1
  • WebOTX Application Server Enterprise V8.2 から V9.2
  • WebOTX Application Server Express V8.2 から V9.2
  • WebOTX Application Server Foundation V8.2 から V8.5
  • WebOTX Application Server Standard Edition V7.1
  • WebOTX Application Server Standard V8.2 から V9.2
  • WebOTX Application Server Standard-J Edition V7.1 から V8.1
  • WebOTX Application Server Web Edition V7.1 から V8.1
  • WebOTX Enterprise Service Bus V6.4 から V9.2
  • WebOTX Portal V8.2 から V9.1
  • WebOTX SIP Application Server Standard Edition V7.1 から V8.1
  • WebSAM Application Navigator Agent Ver3.3 から Ver4.1
  • WebSAM Application Navigator Manager Ver3.2.2 から Ver4.1
  • WebSAM Application Navigator Probe Option Ver3.1.0.x から Ver4.1.0.x
  • WebSAM MCOperations Ver3.6.2 から Ver4.2
  • WebSAM SystemManager Ver5.5.2 から Ver6.2.1
  • Express5800 /SG シリーズ InterSecVM/SG v1.2,v3.0,v3.1,v4.0
  • Express5800 /SG シリーズ SG3600LM/LG/LJ v6.1,v6.2,v7.0,v7.1,v8.0
  • Express5800 /SG シリーズ UNIVERGE SG3000LG/LJ
  • iStorage NV7400/NV5400/NV3400シリーズ
  • iStorage NV7500/NV5500/NV3500シリーズ
  • iStorage HSシリーズ 全バージョン
  • IX2000シリーズ
  • IX3000シリーズ

本脆弱性の影響を受ける日本電気製品の詳細については、ベンダ情報 NV15-010 をご確認ください。
想定される影響

リモートの DTLS ピアにより、想定外のアプリケーションデータを介して、サービス運用妨害 (メモリ破損およびアプリケーションクラッシュ) 状態にされるなど、不特定の影響を受ける可能性があります。
対策

ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
ベンダ情報

OpenSSL Project シスコシステムズ 日本電気
  • NEC製品セキュリティ情報 : NV15-010
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. バッファエラー(CWE-119) [NVD評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2014-8176
参考情報

  1. JVN : JVNVU#91445763
  2. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2014-8176
更新履歴

[2015年06月16日]
  掲載
[2015年06月22日]
 影響を受けるシステム:内容を更新
 ベンダ情報:OpenSSL Project (OpenSSL vulnerabilities) を追加
[2015年06月23日]
 ベンダ情報:シスコシステムズ (cisco-sa-20150612-openssl) を追加
[2015年10月28日]
  ベンダ情報:日本電気 (NV15-010) を追加
[2015年12月10日]
  影響を受けるシステム:ベンダ情報の更新に伴い内容を更新
[2016年01月27日]
  影響を受けるシステム:ベンダ情報の更新に伴い内容を更新
[2016年02月01日]
  影響を受けるシステム:ベンダ情報の更新に伴い内容を更新
[2016年03月07日]
  影響を受けるシステム:ベンダ情報の更新に伴い内容を更新
[2016年06月23日]
  影響を受けるシステム:ベンダ情報の更新に伴い内容を更新
[2016年07月27日]
  影響を受けるシステム:ベンダ情報の更新に伴い内容を更新
[2016年08月24日]
  影響を受けるシステム:ベンダ情報の更新に伴い内容を更新