【活用ガイド】

[English]

JVNDB-2014-000028

spモードメールで作成中のメールへのアクセスに関する問題

概要

株式会社NTTドコモが提供する spモードメールには、外部アプリケーションとの間で作成中のメールデータの受け渡しを行うためのアプリ連携インターフェースが実装されています。連携するアプリケーションを選択した時点で、受け渡しされるメール本文および添付ファイルが SD カードに保存されるため、他の Android アプリケーションからも読み取ることが可能です。

この脆弱性情報は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき次の方が IPA に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。
報告者: 徳田裕典 氏

CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

基本値: 2.6 (注意) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 高
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): 部分的
  • 完全性への影響(I): なし
  • 可用性への影響(A): なし

影響を受けるシステム


株式会社NTTドコモ
  • spモードメールアプリ rev.6100 から rev.6300 まで (Android 4.0.X およびそれ以前向け)
  • spモードメールアプリ rev.6130 から rev.6700 まで (Android 4.1 およびそれ以降向け)

想定される影響

不正な他の Android アプリケーションがインストールされている場合、作成中のメールの内容を取得される可能性があります。
対策

この問題を修正するアップデートは提供されません。

[使用に関する注意]
開発者によると、Android 4.1 以降向け spモードメール バージョン 6800 以降ならびに Android 4.0.X 以前向け spモードメール バージョン 6400 以降において、初回起動時に表示される利用許諾、アプリ連携インターフェースを初めて使用する際のポップアップおよび当該製品のヘルプページに注意喚起の文が追加されているとのことです。
ベンダ情報

株式会社NTTドコモ
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. 認可・権限・アクセス制御(CWE-264) [IPA評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2014-1978
参考情報

  1. JVN : JVN#05951929
  2. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2014-1978
更新履歴

[2014年03月18日]
  掲載
[2014年03月25日]
  参考情報:National Vulnerability Database (NVD) (CVE-2014-1978) を追加