【活用ガイド】

[English]

JVNDB-2013-004446

複数製品で使用されている International Components for Unicode (ICU) に解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性

概要

複数製品で使用されている International Components for Unicode (ICU) には、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性が存在します。

International Components for Unicode (ICU) は、 Unicode 文字列を扱うためのライブラリで、C 言語向けの ICU4C と Java 言語向けの ICU4J が提供されています。ICU4C には、解放済みメモリ使用 (use-after-free) の脆弱性が存在します。

ICU から本脆弱性を修正した ICU4C 52.1 が 2013年10月9日にリリースされています。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

基本値: 7.5 (危険) [NVD値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): 部分的
  • 完全性への影響(I): 部分的
  • 可用性への影響(A): 部分的

影響を受けるシステム

International Components for Unicode (ICU) を使用している製品が影響を受ける可能性があります。 詳しくは、「ベンダ情報」をご確認ください。

(複数のベンダ)
  • (複数の製品)
オラクル
  • Oracle Solaris 11.1

想定される影響

想定される影響は製品によって異なりますが、遠隔の第三者によって、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受けるなどの可能性があります。
対策

[アップデートする]
各開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートしてください。
ベンダ情報

Debian
  • Debian セキュリティ勧告 : DSA-2785
Google ICU project Novell オラクル サイボウズ レッドハット 日本電気
  • NEC製品セキュリティ情報 : NV15-013
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. リソース管理の問題(CWE-399) [NVD評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2013-2924
参考情報

  1. JVN : JVN#85336306
  2. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2013-2924
更新履歴

[2013年10月03日]
  掲載
[2013年10月30日]
  JVN#85336306 にあわせ、タイトル、概要、影響を受けるシステム、想定される影響、対策、ベンダ情報、参考情報を更新
[2013年11月21日]
  ベンダ情報:Novell (openSUSE-SU-2013:1556) を追加
[2014年01月17日]
  ベンダ情報:Debian (DSA-2785) を追加
  ベンダ情報:Novell (openSUSE-SU-2013:1861) を追加
[2014年01月17日]
  影響を受けるシステム:影響を受けるシステム:ベンダ情報の追加に伴い内容を更新
  ベンダ情報:オラクル (Oracle Critical Patch Update Advisory - January 2014) を追加
  ベンダ情報:オラクル (Text Form of Oracle Critical Patch Update - January 2014 Risk Matrices) を追加
  ベンダ情報:オラクル (January 2014 Critical Patch Update Released) を追加
[2014年03月10日]
  ベンダ情報:Google (Issue 275803) を追加
[2015年10月28日]
  ベンダ情報:日本電気 (NV15-013) を追加