【活用ガイド】

[English]

JVNDB-2013-000087

複数のブロードバンドルータがオープンリゾルバとして機能してしまう問題

概要

複数のブロードバンドルータには、オープンリゾルバとして機能してしまう問題が存在します。

不特定の相手からの再帰的な DNS 問い合わせに対してDNS キャッシュサーバとして動作してしまう機器のことをオープンリゾルバと呼びます。
DNS キャッシュサーバとして働く複数のブロードバンドルータには、オープンリゾルバとして機能してしまう問題が存在します。

この脆弱性情報は、JPCERT/CC および IPA の調査によって複数ベンダに影響を受けることを確認し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。
また、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき下記の方から JPCERT/CC に報告がありました。
報告者: 株式会社日本レジストリサービス(JPRS)森下泰宏 氏

CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

基本値: 5.0 (警告) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): 部分的
  • 可用性への影響(A): なし

影響を受けるシステム


(複数のベンダ)
  • (複数の製品)

影響を受ける製品は多岐に渡ります。 詳しくは、参考情報 JVN#62507275 の「ベンダ情報」を参照してください。
想定される影響

機器管理者が気付かないうちに、機器が DNS Amplification Attack に悪用され、DDoS 攻撃に加担してしまう可能性があります。
対策

[アップデートまたは設定を変更する]
各開発者が提供する情報をもとに適切な対策 (アップデート、パッチ、設定の変更など) を 適用してください。
ベンダ情報

インターネットイニシアティブ バッファロー ヤマハ ユミルリンク 古河電気工業 日本電気
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. 認可・権限・アクセス制御(CWE-264) [IPA評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

参考情報

  1. JVN : JVN#62507275
  2. JPCERT 緊急報告 : DNS の再帰的な問い合わせを使った DDoS 攻撃に関する注意喚起
  3. US-CERT Technical Cyber Security Alert : Alert (TA13-088A) DNS Amplification Attacks
  4. US-CERT Technical Cyber Security Alert : Alert (TA14-017A) UDP-based Amplification Attacks
  5. JPRS : DNSサーバーの不適切な設定「オープンリゾルバー」について
  6. JPNIC : オープンリゾルバ(Open Resolver)について
更新履歴

[2013年09月19日]
  掲載
[2014年02月18日]
  参考情報:US-CERT Technical Cyber Security Alert (Alert (TA14-017A) UDP-based Amplification Attacks) を追加
[2014年08月28日]
  ベンダ情報:バッファロー (株式会社バッファロー の告知ページ) を追加