【活用ガイド】

[English]

JVNDB-2010-000031

Microsoft Windows におけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

概要

Microsoft Windows には、サービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。

Microsoft Windows には、IPv6 拡張ヘッダーの処理に起因するサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。

この脆弱性情報は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき下記の方が IPA に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。
報告者: (株)フォティーンフォティ技術研究所 ウイリスダレン 氏

CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

基本値: 7.8 (危険) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): なし
  • 可用性への影響(A): 全面的

影響を受けるシステム


マイクロソフト
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Windows 7 for x64-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2008
  • Microsoft Windows Server 2008 for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2008 for x64-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems
  • Microsoft Windows Vista
  • Microsoft Windows Vista x64 Edition

想定される影響

遠隔の第三者により細工された IPv6 パケットを送られることで、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受ける可能性があります。
対策

[アップデートする]
開発者が提供する情報をもとにアップデートしてください。
ベンダ情報

マイクロソフト
  • Microsoft Security Bulletin : MS10-058
  • マイクロソフト セキュリティ情報 : MS10-058
  • 絵でみるセキュリティ情報 : MS10-058e
富士通
  • 富士通 セキュリティ情報 : TA10-222A
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. 不適切な入力確認(CWE-20) [IPA評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2010-1892
参考情報

  1. JVN : JVN#86832361
  2. JVN : JVNTA10-222A
  3. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2010-1892
  4. JPCERT 緊急報告 : JPCERT-AT-2010-0020
  5. 警察庁 @police : マイクロソフト社のセキュリティ修正プログラムについて(MS10-046,047,048,049,050,051,052,053,054,055,056,057,058,059,060)
  6. US-CERT Cyber Security Alerts : SA10-222A
  7. US-CERT Technical Cyber Security Alert : TA10-222A
  8. SecurityFocus : 42251
  9. VUPEN Security : VUPEN/ADV-2010-2055
更新履歴

[2010年08月13日]
  掲載