【活用ガイド】

[English]

JVNDB-2007-000809

SonicStage CP におけるバッファオーバーフローの脆弱性

概要

SonicStage CP にはバッファオーバーフローの脆弱性が存在します。

SonicStage CP はソニーが開発した音楽管理アプリケーションソフトウェアです。SonicStage CP には細工されたプレイリストファイル(拡張子が m3u のファイル)を取り込む際に、バッファオーバーフローが発生する脆弱性が存在します。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

基本値: 6.8 (警告) [IPA値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 中
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): 部分的
  • 完全性への影響(I): 部分的
  • 可用性への影響(A): 部分的

影響を受けるシステム


ソニー
  • SonicStage Ver.4.0
  • SonicStage Ver.4.1
  • SonicStage Ver.4.2
  • SonicStage Ver.4.3

想定される影響

細工されたプレイリストファイル(拡張子が m3u のファイル)を取り込む際に、バッファオーバーフローが発生し、SonicStage CP が強制終了する可能性があります。また、その際に任意のコードが実行される可能性があります。
対策

アップデートする
ベンダの提供する情報を元にアップデートを行なってください。詳しくはベンダの提供する情報をご覧ください。
ベンダ情報

ソニー
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

  1. バッファエラー(CWE-119) [NVD評価]
共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2007-5709
参考情報

  1. JVN : JVN#66291445
  2. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2007-5709
  3. IPA 重要なセキュリティ情報 : 200712_SonicStage
  4. Secunia Advisory : SA27270
  5. SecurityFocus : 26241
  6. ISS X-Force Database : 38160
更新履歴

[2007年12月04日]
  掲載