【活用ガイド】

JVNDB-2005-000012

Squid の fakeauth_auth helper におけるメモリリークの脆弱性

概要

------------
本脆弱性情報は、同時期に公開された複数の脆弱性について、まとめて解説したものです。タイトル以外の他の脆弱性情報の内容が含まれていますので予めご了承ください。
------------

Squid 2.5 STABLE1 - STABLE7 の NTLM 認証ヘルパの一つ fakeauth_auth helper には、メモリリークおよびセグメンテーションフォルトが発生する問題が存在します。

・メモリリークの問題 (CAN-2005-0096)
fakeauth_auth.c においてメモリリークの問題が存在し、メモリが消費されてしまうことで高負荷の状態に陥る

・セグメンテーションフォルトの問題 (CAN-2005-0097)
意図的に作成された NTLM タイプ 3 のメッセージを受信した場合に、セグメンテーションフォルトが発生する

これらの問題を利用するリモートの攻撃者は、NTLM 認証ヘルパとして fakeauth が指定されている場合、認証ルーチンをクラッシュさせ、結果として Squid プロキシサーバをサービス不能状態に陥らせる可能性があります。

尚、Squid 2.4 以前では NTLM 認証はサポートされていないため、これらの問題の影響を受けません。
CVSS による深刻度 (CVSS とは?)

CVSS v2 による深刻度
基本値: 5.0 (警告) [NVD値]
  • 攻撃元区分: ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ: 低
  • 攻撃前の認証要否: 不要
  • 機密性への影響(C): なし
  • 完全性への影響(I): なし
  • 可用性への影響(A): 部分的
影響を受けるシステム


Squid-cache.org
  • Squid 2.5.STABLE7 およびそれ以前
ターボリナックス
  • Turbolinux Server 7  
  • Turbolinux Server 8  
  • Turbolinux Server 10  
ミラクル・リナックス
  • Asianux Server 3.0 
レッドハット
  • Red Hat Enterprise Linux 3 (as) 
  • Red Hat Enterprise Linux 4 (as) 
  • Red Hat Enterprise Linux 3 (es) 
  • Red Hat Enterprise Linux 4 (es) 
  • Red Hat Enterprise Linux 3 (ws) 
  • Red Hat Enterprise Linux 4 (ws) 

想定される影響

本脆弱性に伴う影響については、「概要」をご参照ください。
対策

ベンダより正式な対策が公開されています。ベンダ情報を参照して適切な対策を実施してください。
ベンダ情報

Squid-cache.org ターボリナックス ミラクル・リナックス
  • MIRACLE LINUX アップデート情報 : squid
レッドハット
CWEによる脆弱性タイプ一覧  CWEとは?

共通脆弱性識別子(CVE)  CVEとは?

  1. CVE-2005-0096
参考情報

  1. National Vulnerability Database (NVD) : CVE-2005-0096
  2. Secunia Advisory : SA13789
  3. SecurityFocus : 12324
  4. SecurityFocus : 12220
  5. SecurityTracker : 1012818
更新履歴

  • [2007年04月01日]
      掲載