MyJVN >> システム管理者の方へ >> MyJVN バージョンチェッカ(サーバ用)
|   概要   |   利用方法   |   動作環境   |   対象ソフトウェア製品(サーバ用)   |   よくある質問と答え(FAQ)   |

OVAL互換

MyJVN バージョンチェッカ(サーバ用)

概要

MyJVN バージョンチェッカ(サーバ用)は、サーバ(Windows系、Linux系)にインストールされているソフトウェア製品のバージョンが最新であるかを、簡単な操作で確認するツールです。

MyJVN バージョンチェッカの利用の流れは、@MyJVN バージョンチェッカの実行、Aチェック結果の確認、Bバージョンが古い場合は最新バージョンに更新、の3ステップとなります。

MyJVN バージョンチェッカが利用できるサーバに関する動作環境はこちらを、チェック対象となるソフトウェア製品はこちらを確認ください。

TOP

利用方法


(ステップ1)起動

お使いのOSに合わせて、「MyJVN バージョンチェッカの起動」と表示されている部分をクリックして、MyJVN バージョンチェッカを起動させてください。
(お使いのOSが64bit版の場合は、お使いのブラウザやアプリケーションが32bit版であっても、OSに合わせて64bitを選択してください。)

Windows系

MyJVN VC Checker for Window 2003 Server x32 MyJVN VC Checker for Windows 2003 Server x64
MyJVN VC Checker for Window 2008 Server x32 MyJVN VC Checker for Windows 2008 Server x64
MyJVN VC Checker for Windows Server 2012

Linux系

MyJVN VC Checker for RedHat Linux 5 MyJVN VC Checker for CentOS

起動中に、プログラムを実行するかどうかを確認するセキュリティ警告画面が表示された場合には、名前が「MyJVNチェックアドバイザ」、発行者が「Information-technology Promotion Agency, Japan」であることを確認してから [実行] ボタンをクリックしてください。

図1 セキュリティ警告画面

MyJVN バージョンチェッカが起動すると、最初に全てのソフトウェア製品が選択された状態で表示され、そのまま「実行」ボタンをクリックすることにより、チェックを行うことができます。特定のソフトウェア製品のみをチェックしたい場合は、チェックしたいソフトウェア製品名の左側のチェックボックスをチェックして [実行] ボタンをクリックしてください。

図2 初期画面

操作ボタンの説明

[実行]ボタン
チェックボックスで選択されたソフトウェア製品のバージョンチェックを実行します。
[終了]ボタン
MyJVN バージョンチェッカを終了し、ウィンドウを閉じます。
[全てを選択]ボタン
全てのチェックボックスをオンにします。
[選択をクリア]ボタン
全てのチェックボックスをオフにします。
[結果出力]ボタン

(ステップ2)チェック結果の確認

[実行] ボタンをクリックすると、それぞれのソフトウェア製品のチェック結果の欄に結果が表示されます。結果は、「○」「×」「-」のいずれかが表示されます。「×」が表示された場合には、ステップ3に進み、対象のソフトウェア製品を最新のバージョンに更新することをお勧めします。

図3 チェック結果表示画面

表示ボタンの説明

表示ボタン
チェック結果が「○ 最新のバージョンです」もしくは「× 最新のバージョンではありません」の場合、「チェック結果詳細」の欄に「表示」ボタンが表示されます。「表示」ボタンをクリックすることで、チェック内容の詳細情報を確認できます。(「詳細情報の見方」の項参照)

チェック結果の意味


チェック結果 意味
○ 最新のバージョンです インストールされているソフトウェア製品は IPA が確認している最新のバージョンであること示しています。
× 最新のバージョンではありません インストールされているソフトウェア製品は IPA が確認している最新のバージョンでないことを示しています。
― インストールされていないか、対象外のバージョンです リストアップされているソフトウェア製品がインストールされていないか、古いバージョンのため、チェック対象外となっていることを示しています。

詳細情報の見方

「チェック結果詳細」の欄に表示される「表示」ボタンをクリックすると、それぞれのソフトウェア製品のバージョン情報のチェック結果の詳細を確認できます。ソフトウェア製品によって、異なるバージョンの製品が同時にインストールされていることがあります。また、インストールされているバージョン番号が表示されないソフトウェア製品もあります。

図4 詳細情報の表示 (インストールバージョンが表示される例)

図5 詳細情報の表示 (インストールバージョンが表示されない例)

図の説明

製品名
チェック対象となるソフトウェア製品名が表示されます。
判定
インストールされている対象ソフトウェア製品のチェック結果が表示されます。異なるバージョンのソフトウェア製品が複数インストールされている場合は、複数表示されます。
インストールバージョン
お使いのPCにインストールされている対象ソフトウェア製品のバージョン情報が表示されます。ソフトウェア製品によっては表示されないことがあります。
製品名
チェック対象となるソフトウェア製品名が表示されます。
最新バージョン
IPA で確認している対象ソフトウェア製品の最新のバージョン情報と確認した日付が表示されます。
バージョンアップ方法はこちら」リンク
クリックすると、対象ソフトウェア製品のバージョンアップ情報のページを表示します。

(ステップ3)チェック結果が「×」の場合の対応

チェック結果が「×」の場合は、現在、ご利用の製品が最新で無い為、バージョンアップをご検討ください。バージョンアップ方法は、ソフトウェア製品により異なります。バージョンチェッカの詳細情報に表示される「バージョンアップ方法はこちら」もしくは、以下をクリックして対象ソフトウェア製品別のバージョンアップ情報を確認し、バージョンアップを行ってください。

TOP

動作環境

MyJVN バージョンチェッカを利用することができる動作環境は以下になります。
MyJVN バージョンチェッカが動作するためには、Java実行環境(JRE)がインストールされている必要があります。JREがインストールされていない場合、以下をクリックしてJREをダウンロードし、インストールを行ってください。

JREダウンロード:http://java.com/ja/download/
JREインストール方法:Internet Explorer用Firefox用


動作環境(Windows系)


項目 動作環境
OS
  • Windows Server 2008(32bit版/64bit版)または、Windows Server 2008 R2
    (64bit版)
  • Windows Server 2012(64bit版)
ブラウザ Internet Explorer 7, 8, 9, 10 または Firefox 3 以降
Java実行環境(JRE) Java Runtime Environment 1.6.0update12以降
※64bit版のOSをご利用の方は、64bit版のJREのインストールが必要です。 64bit版OSの場合、32bit版のJREはインストール不要です。

【注意事項】
  • Windows Server 2008(32bit版/64bit版)または、Windows Server 2008 R2(64bit版)をご利用の方で、Server Coreを選択してインストールしている場合、本機能はGUI環境を前提をしているため、ご利用になれませんのでご了承ください。

動作環境(Linux系)


項目 動作環境
OS
  • CentOS 5 (32bit版)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 (32bit版)
ブラウザ Firefox 3 以降
Java実行環境(JRE) Java Runtime Environment 1.6.0update12以降

【注意事項】
  • Java実行環境(JRE)は、Oracle(Sun)版をご利用ください。それ以外のJava実行環境では動作できません。
  • ブラウザの設定で、Java Network Launched Application(MIMEタイプ:application/x-java-jnlp-file)にjavawsが登録されている必要があります。
  • GUI機能をインストールされていない場合、本機能はGUI環境を前提をしているため、ご利用になれませんのでご了承ください。

TOP

対象ソフトウェア製品(サーバ用)

サーバ用のチェック対象ソフトウェア製品の一覧をWindows系、Linux系それぞれについて示します。
チェック対象のソフトウェアは、インストーラを使用してインストールされている必要があります。ソースコードからコンパイルしたものや、ファイルコピーで配置したものはチェックの対象外となっております。予め、ご了承ください。

Windows系チェック対象ソフトウェア製品一覧


ベンダー名 対象製品名
オラクル
  • JRE
Apache
  • Apache HTTP Server
  • Apache Tomcat
ISC
  • BIND
OpenSSL
  • OpenSSL

上記ソフトウェア製品の詳細は、以下をごらんください。

対象製品一覧の詳細について(サーバー:windows向け)

Linux系チェック対象ソフトウェア製品一覧


ベンダー名 対象製品名
オラクル
  • JRE
Apache
  • Apache HTTP Server
  • Apache Tomcat
ISC
  • BIND
OpenSSL
  • OpenSSL

上記ソフトウェア製品の詳細は、以下をごらんください。

TOP

よくある質問と答え(FAQ)

MyJVN バージョンチェッカのよくある質問と答えについては、以下をクリックしてFAQの一覧ページにてご確認ください。

TOP

更新履歴

2015年08月07日 動作環境の記載内容を見直し.
2013年02月28日 Windows Server 2012 に関する記載を追加.
2012年04月10日 内容を一部修正.
2011年08月18日 新規.