MyJVN >> よくある質問と答え(FAQ)
|   MyJVN バージョンチェッカ(サーバ用)   |   カスタマイズしたチェック項目の利用   |

よくある質問と答え(FAQ) −システム管理者向け−

MyJVN バージョンチェッカ(サーバ用)


Q1-1. 64bit版のJREがインストールされているか確認する方法はありますか?

[スタート]-[コントロールパネル]を開き、表示方法を小さいアイコンまたは大きいアイコンと指定してください。Java アイコンがあれば64bit版が入っていることがわかります。32bit版では Java(32-bit)と表示されます。
Q1-2. MyJVNバージョンチェッカが64bit版のJREで起動していることを確認する方法はありますか?

Windowsに64bit版のJREのみインストールしている場合は、64bit版のJREで起動しています。
32bit版のJREのみがインストールしている場合は、64bit版のJREで起動することはありません。
32bit版、64bit版双方のJREをインストールしている場合は、64bit版ブラウザで起動していれば64bit版のJREで起動しています。
32bit版/64bit版、いずれのJREがインストールされているか確認するには「Q1-3. 64bit版のJREがインストールされているか確認する方法はありますか?」をご確認ください。
Q2-1. CentOSやRHELで、MyJVNバージョンチェッカがうまく動きません。何がおかしいのでしょうか?

以下を確認ください。
  • Oracle(Sun)版JREがインストールされているかご確認ください。
    MyJVNバージョンチェッカは、Oracle(Sun)版以外のJREでは、正常な動作を行なえません。
  • ブラウザ(Firefox)の設定で、Java Network Launched Application(MIMEタイプ:application/x-java-jnlp-file)にjavawsが登録されているか確認ください。
Q2-2. Oracle(Sun)版ではないJREを運用しています。MyJVNバージョンチェッカを動かすことは可能でしょうか?

MyJVNバージョンチェッカを動作させるためには、Oracle(Sun)版JREを利用する必要があります。お使いのJREと並行してOracle(Sun)版JREをインストールし、Java Network Launched Application(MIMEタイプ:application/x-java-jnlp-file)にjavawsを登録することを検討ください。
Q2-3. Linuxのバージョンチェック結果で、インストールバージョンの先頭に"0:"が表示されます。これは何ですか?

RPMパッケージのepoch情報です。
RPMにおけるバージョンの新旧比較は通常、version情報とrelease情報を用いて行われます。ただし、表記が大きく変更になったときなど、正しく新旧が判別できないときに、epoch情報が使われます。epoch情報は整数で、versionやreleaseよりも優先します。省略された場合は「0」を意味します。
MyJVNでは、バージョンの新旧を正しく判断できるように、インストールバージョンのチェック結果を表示する際に、epoch情報を表示しています。

TOP

カスタマイズしたチェック項目の利用


Q1-1. セキュリティ設定チェック項目のレベルとは何ですか?

以下の情報を参考にレベルに応じた値を設定しています。

Windowsの場合
  • 一般レベル
    マイクロソフトのセキュリティ設定ガイドで推奨されている値
  • 高レベル
    米国連邦政府共通デスクトップ基準(FDCC: Federal Desktop Core Configuration)で推奨されている値
  • 最高レベル
    米国国防情報システム局(DISA)で推奨されている値
Linuxの場合
  • 一般レベル
    米国国家安全保証局(NSA)で推奨されている値
  • 高レベル
    米国非営利セキュリティ団体インターネット・セキュリティ・センター(CIS)が推奨する値

推奨値が設定されていないOSは、マイクロソフトの他のOSで推奨される値や、Redhat Enterprise Linuxが推奨する値等を参考に設定しています。

参考情報:共通セキュリティ設定一覧CCE概説

TOP

更新履歴

2011年8月18日 新規.