MyJVN >> (解説) コマンドライン実行時のエラーログファイルと対処方法
|   概要   |   エラーログファイルによるエラー確認方法   |

(解説) コマンドライン実行時のエラーログファイルと対処方法

概要

MyJVN バージョンチェッカは、複数のPCやサーバを効率良くチェックするために、コマンドラインにより実行する機能を提供します。コマンドラインにより自動実行が可能となります。

MyJVN バージョンチェッカは、自動実行においてエラーが発生すると、エラーログファイルにエラーに関する情報を出力します。ここでは、エラーログファイルの確認方法を説明します。

TOP

エラーログファイルによるエラー確認方法


エラーログファイルの出力先

MyJVN バージョンチェッカは、コマンドラインで実行する際にエラーとなった場合、結果ファイルが出力されるディレクトリ下の「log」ディレクトリに、「(ホスト名)_myjvn.log」という名称のエラーログファイルを出力します。
エラーログファイルが出力されていない場合は、実行したコマンドで結果ファイルの出力先が正しく指定されているかを確認してください。また、正常にチェックが行われたときは、エラーログファイルへは出力されません。

図1 エラーログファイルの出力先

結果ファイルの出力先の指定は、起動時のパラメタ(file)で指定します。以下のページの「パラメタ一覧」を参照してください。

TOP

エラーログファイルの内容

エラーログファイルには、実行日時と、コマンド返却値、エラーメッセージが出力されます。(図2)実行日時以外は、手動実行した際の出力と同じです。

図2 エラーログファイルの内容

TOP

コマンド返却値

コマンド返却値は、エラーログファイルに「rc=“数字”」という形式で出力されます。この数字の部分により、エラーとなった原因を特定してください。

返却値 要因 対処方法
1 起動パラメタの引数不正 指定した引数を見直してください。
2 サーバ側の環境不正 MyJVNのホームページにアクセスし、サービス停止に関するアナウンスがないか確認してください。
停止のアナウンスがなければ、時間をおいて再実行してください。
3 チェック結果出力先のアクセスエラー 起動時の引数に指定したチェック結果の出力先を見直してください。
本エラーは、チェック結果の出力ができない場合に発生するため、エラーログファイルに出力される可能性はほとんどありません。
10 ネットワーク障害 チェック対象のPCもしくはサーバが接続しているネットワーク環境から、MyJVNのホームページへのアクセスができるかを確認してください。
問題がなければ、時間をおいて再実行してください。
11 API起動時のパラメタ不正 MyJVNのホームページにアクセスし、サービス停止に関するアナウンスがないか確認してください。
停止のアナウンスがなければ、時間をおいて再実行してください。
99 予期せぬエラー 時間をおいて再実行してください。
起動できない場合は、お使いのPCやサーバの動作が不安定となっている可能性があります。PCやサーバを管理しているシステム管理者に相談ください。

TOP

更新履歴

2011年11月29日 新規.